車両管理の充実

ABSの車両管理アウトソーシングにより、貴社の窓口業務・管理車両データが一元化できます

車両の保有台数増加に伴い、維持・管理に人手やコストが掛かります。車両アウトソーシングのご活用で、車両管理窓口が一元化され、維持・管理コスト面でのメリットが図れます。

リース契約業務のとりまとめ

車両調達の標準化が容易になり、リース契約業務の省力化ができます

複数のリース会社取引は、事務処理が煩雑で手間が掛かります。
ABSが簡素化を実現します。

貴社のリース契約に関する窓口を一元化することで、事務処理の標準化・簡素化が実現でき、業務の省力化が図れます。

また、窓口業務の集約により、リース契約・車両データの一元化が可能です。

リース契約業務のとりまとめ

メンテナンスの統一

メンテナンスの統一

メンテナンス窓口業務の一元化・メンテナンス契約内容

複数のリース会社・車両の様々な所有形態(リース・所有・借上車)のメンテナンスが統一できます。

メンテナンスを統一することで、メンテナンス窓口・実施データ・内容の一元化により、業務の省力化が図れます。

  • ・全国各地2,800の優良整備工場と提携しています。
  • ・お客様の指定整備工場を利用することも可能です。
  • ・メンテナンスの実施内容をWeb・書面で確認・報告できます。

契約・メンテナンスデータの一元管理

統一台帳や規程・マニュアル等により、業務の省力化ができます

  • 契約・メンテナンスデータの一元管理

    貴社の管理車両一元管理により、ニーズに合わせた台帳を作成します。

  • 統一メンテナンス実施報告書作成

    貴社の統一メンテナンス実施報告書を作成します。インターネット上でも閲覧可能。

  • リース料・カード等の代理受領

    とりまとめ業務により、リース料の請求チェック代行、リース会社への支払代行を行ないます。

  • 社内車両管理マニュアルの作成

    車両管理に関する「規程」「マニュアル」を作成し、ご提供します。

窓口業務の一本化

ABSは、ETC・ガソリンカードや安全運転管理の窓口業務を代行します

お客様のニーズに合ったカード・安全運転管理をご提案・代行し、業務の効率化・コスト削減を実現します。

カード(ETC・ガソリン)代行業務の流れ